お気軽にお問合せください

Tel:03-3617-1128

Fax:03-3612-8327

ホーム > バレル研磨技術 > 機能性バレル研磨 > マイクロスコープを用いた高精度バレル研磨

マイクロスコープを用いた
高精度バレル研磨

マイクロスコープを用いた高精度バレル研磨加工事例

鉄系粉末冶金のバリ取り

バリ取り前は、規格が型バリ0.05㎜以下に対して、素材バリが0.06㎜を超えてしまっていました。
これにバレル研磨を施し、バリが無くなっている(0.002㎜)状態に仕上げることができました。

バレル研磨前

バレル研磨後

SUS304プレートの光沢仕上げ

SUS304プレートの光沢仕上げ(映り込みあり)のご依頼を頂き、仕上げ表面粗さRz0.8μm以下の規格となっておりました。
バレル後Rz0.6μmまで仕上がり映り込みも確認できました。

光沢仕上げ前

光沢仕上げ後

使用設備(マイクロスコープ)詳細

キーエンス製
形状解析レーザー顕微鏡 VK-X100/105
特徴:光学顕微鏡、SEM、表面粗さ、形状測定を1台で可能。23インチモニターでの総合倍率は8000倍です。

機能性バレル研磨

バレル研磨法の種類

早川研磨工業のバレル研磨技術向上の取組み

バレル研磨とバフ研磨の違い

対応事例

2006年4月23日に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2008を、2012年5月3日に環境に関する国際規格であるISO14001:2004を認証取得しました。

Access Map

131-0043
東京都墨田区立花5-37-2

03-3617-1128

Fax. 03-3612-8327